About HITOTOKI 「人to木」とは

About HITOTOKI 「人to木」とは

環境に優しく、人に優しい、大規模木造建築。木の素晴らしさをたくさんの方に知ってもらいたい、「人to木」はそんな思いから始まった、木造化を推進するプロジェクトです。

環境に優しく、人に優しい、大規模木造建築。木の素晴らしさをたくさんの方に知ってもらいたい、「人to木」はそんな思いから始まった、木造化を推進するプロジェクトです。

宏州建設株式会社 木造化推進室が、木造建築を推進する事業のテーマは、「人to木」。
それは、人と木をつなぐ、やすらぎの空間の素晴らしさを、たくさんの方に感じていただくことです。
環境に優しく、人に優しい、大規模木造建築をより多くの方に知ってもらうために、木造化推進室は、さまざまな活動を展開してまいります。

About big Wooden architecture 大規模建築は鉄骨造から木造へ

大・中規模の建築物は鉄骨や鉄筋コンクリートで建てることが主流な中、今、環境に優しく、人に優しい、大規模木造建築物が注目されています。 宏州建設には、大規模木造建築物の施工が出来る「SE構法」をはじめ、その他、様々な木造建築のノウハウがあります。宏州建設 木造化推進室は、木の素晴らしさや大規模木造建築のことをより多くの方に知っていただくために、培った木造建築の技術やノウハウを利用して、多くの人が集まる木のやすらぎの空間を提供し、地域の景観やまちづくりに貢献してまいります。

大規模建築に鉄骨ではなく木材を選ぶメリット

大規模木造建築 公式サイトへ 

About SE construction method 木の大空間をつくるSE構法について

木造は火に弱く、強度が弱いイメージがあり、大規模建築物には向かないと思われてきました。しかし近年、木造の構造技術が進み、大規模な建築物が木造でも建てられるようになりました。
「SE構法」は、このような大規模な木造建築物を建てるために開発された最先端構造技術のことです。「SE構法」の大きな特徴は、構造的に必要な柱や壁が少なくても耐震性の高い空間が実現できるということで、そのことにより開放的な大空間を木造でも造ることが可能になりました。

耐震構法 SE構法のルーツ

SE構法とは、構造性能の安定した構造用集成材を特殊な接合金物で強固に接合することで、木造ながら大空間を安全に実現することを可能にした建築工法です。 そのルーツは、構造建築家の播繁氏による最先端の木構造技術にあり、「長野オリンピックアリーナエムウェイブ」などに代表される大規模な大断面木造建築物の優れた技術にあります。その高い技術をシステム的にもコスト的にも使いやすいように改良されたのがこのSE構法なのです。今まで木造では難しいと考えられていた、デザイン性に優れた木造建築物を、SE構法は「技術」でサポートし、店舗などの商業施設、事務所や倉庫なども自由度の高いデザイン、設計を木造で実現しています。

SE構法の発想のルーツとなった
長野市オリンピック記念アリーナ

中大規模木造建築におけるSE構法の魅力

中大規模木造建築におけるSE構法の魅力

耐震性の高さ

耐震構法 SE 構法は、日本の木造建築にラーメン構法を取り入れたものです。柱や梁を互いに剛に接合することで強固な躯体をつくり上げるラーメン構法は信頼性が極めて高く、近代構法の主役ともいうべき役割を果たしてきました。SE構法は、性能が明らかな接合部や安定した品質の部材を用いることで、構造計算や施工チェック、性能保証までを実現した「システム化された木造ラーメン構法」なのです。
また、SE構法は構法だけのシステムではありません。専用のCAD・CAMや構造計算プログラム、そして指定工場、登録施工店、SE 構法施工管理技士等、独自の技術や制度によって、構造設計から供給、施工までの建築生産プロセスを確実に管理することによって、安全な建物を提供しています。

大空間の実現

中大規模木造建築におけるSE構法では、一般的に流通している中断面の構造用集成材と鋼材ロッドを用いて張弦梁を構成することで、大断面の特注材を用いるよりもコストダウンを実現し、軽快な印象の空間を実現できます。
張弦梁構造とは、梁と引張材を組み合せた、軽快で安全性の高いハイブリット構造です。軽量で安全性の高い大屋根を実現できます。また、下部構造への負担を最小限にできるため、建物デザインの自由度を高めます。さらに、在来工法の場合、多くの耐力壁を均等に配置しなければなりませんが、SE 構法は強固な耐力壁を用いることができるため、建物全体として必要となる耐力壁を在来工法と比べて減らす事が可能です。中小規模のものから、大規模なものまで、幅広い大空間ニーズに対応でき、木質感を感じられる木の美しい大空間を作り上げることができます。

Works 木造化推進室施工例

WORKS 01

Patisserie&Parlor Horita 205

第42回 金沢都市美文化賞受賞

WORKS 02

ビジネスセンター308タウン

WORKS 03

バレエ教室

Show room ショールーム「人to木」

宏州建設 木造化推進室は、人と木と地域をつなぎ、木とのやすらぎのひとときを知ってもらうために、SE構法で施工された大規模木造建築の商業集積施設 Business Center 308 Town の一角で、木造建築の良さを知って体感していただくショールーム「人to木」を開設しました。また、このショールーム「人to木」は、地域貢献のために、地域の方が様々な用途で自由に利用していただくことができるスペースとしても運営しています。

人と木 人と木をつなぐ、やすらぎの空間を ひととき

宏州建設株式会社 木造化推進室
ショールーム「人to木」
〒920-0056 石川県金沢市出雲町イ230番2

中大規模木造建築やSE構法についてさらに詳しく知りたい方、
または、ショールームの見学・ご利用について知りたい方は、
下記のお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ